TOEFL® iBTテスト スコアアップへのカリキュラム

  1. ホーム
  2. TOEFL® iBTテスト スコアアップへのカリキュラム

TOEFL® iBTテスト 日米で基礎から高得点を目指す

TOEFL® iBTテストとは?

TOEFL(R) iBTテストとは、主にアメリカやカナダなど英語圏の大学に留学を希望する外国人学生が、大学での授業についていける英語力を有しているかを評価するためのテストです。

海外の大学への出願時にスコアの提出を求められることがあるため、留学をお考えの方は早めに対策し、スコアを取得しておく必要があります。

イメージ画像

TOEFL® iBTテストの構成

Reading, Listening, Speaking, Writingの4セクションに分かれ、いずれの技能も同じ割合で評価されます。インターネット形式でスコア測定され、テストはテストセンターにてパソコンを使い受験します。

Reading:54~72分 長文3~4題・各10問

精読速読の技術、文章全体のパラグラフ構成を把握する力が求められます。 内容は学術的な文で、幅広い語彙力が必要不可欠となります。

Listening:41~57分 講義3~4題に対し各6問・会話2~3題に対し各5問

放送分は大学の講義や、学生と教授のやり取りなど、キャンパス内の会話が出題されます。 量が多いため、メモ取りを活用するコツや集中力が必要となります。

Speaking:17分 単独問題1問 総合問題3問

Independent TaskとIntegrated Taskに分かれています。

Independent Taskでは自分の主張をわかりやすくロジカルに展開すると同時に、内容に説得力を持たせる必要があります。

Integrated Taskでは速読・速聴をしたのちに質問に答える形式の問題なので、聞かれた事の要点を時間内にうまくまとめられる練習が大切です。

Writing:50分 総合問題1問 単独問題1問

Independent TaskとIntegrated Taskに分かれています。

Independent Taskでは”Do you agree or disagree with the following statement?” という問題が頻出します。 自分の主張をわかりやすく展開し、それを支持する理由を具体的に述べて説得力を持たせることが大切です。

Integrated Taskでは学術的な文章を読んだ後、教授による講義を聞き、それぞれの内容を要約してまとめます。 文章に整合性が必要不可欠となり、文章と講義に対する理解力をアピールする文章力が必要です。

カリキュラム例

Aさん 高校生 目標:TOEFL® iBTテストスコア 70

  1. 入学時スコア:21
  2. 学習期間:7ヵ月
  3. 学習ペース:週3回(平均)
Aさん カリキュラム

Aさんは留学先決定のため頻繁に渡米する必要があり、スケジューリングが自由にできるプライベートレッスンのみで学習頂きました。
TOEFL(R) iBTテストの事を何も知らない状態から学習を始められ、英語の基礎からしっかり学び、基礎学習から総合学習へ移行したのちは弱点であるReadingとListeningの強化へと、日米の強みである個人別カリキュラムを最大限に有効活用しサポートさせて頂きました。ご入学時より毎月受験して頂き、着実にスコアを伸ばしていきました。

Aさんのように時間が限られ、スケジュール調整が難しい生徒様にはプライベートレッスンをおススメしております。また、講師をほぼ固定にする事で信頼関係もしっかり築き上げ、自分の長所と短所を知り尽くした講師がスコアアップに向け二人三脚で学習に寄り添いました。カリキュラム内容は講師と担当コーディネーターで都度話し合いを持ち、7か月という短期間でスコアを50近く伸ばすことができました。

Bさん 社会人 目標:TOEFL® iBTテストスコア 80

  • 入学時スコア:45
  • 学習期間:1年間
  • 学習ペース:週2-3回
Bさん カリキュラム

BさんはTOEFL(R)テスト スコアを取得し、会社の補助でアメリカの大学院に留学を希望されていました。
プライベートレッスンでしっかり基礎とTOEFL(R)テストのメソッドを学んだ後、グループレッスンにて週2回のTOEFL(R)テスト講座を受講して頂きました。
日米英語学院のグループレッスンは少人数制のため、講師が生徒様それぞれの弱い所を把握しやすく、毎週顔を合わせる事で個別のアドバイスなどサポートも充実して行う事ができます。4技能全てのグループレッスンと、総合実践のクラスを受講したのち、最後にプライベートレッスンにて総まとめと直前対策を行い、一年間でスコアを40伸ばし、難関と言われる80の壁を突破することができました。

上記はあくまで一例です。TOEFL(R)テストのスコアを伸ばすことに関しまして、日米英語学院 三宮校では経験豊富な講師とプロのコーディネーターが的確にアドバイスし学習のサポートを致します。TOEFLは試験自体が非常に難しく、生徒様のモチベーションなくては攻略できないテストです。
日米英語学院のサポートで学習意欲を持続させられるように、個人別カリキュラムを用いて生徒様に寄り添った方法でスコア取得へ導きます。スコア取得でお悩みの皆様、ぜひ一度無料カウンセリング・体験レッスンにお越し下さい!

イメージ

ぜひスクール見学・無料体験レッスンにお越しください

あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院神戸三宮校
お問合せはこちらまで 0120-447-218
営業時間 | 平日 11:00~21:00 / 土 10:00~19:30 / 日 10:00~18:00 / 祝日 休
アクセス | 各線三宮駅より徒歩3分フラワーロード沿い神戸国際会館向い、みずほ銀行神戸支店のビル8F

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料請求
  • 説明会予約